お知らせ

事業所得、雑所得の判断について通達改正                                         

 今年8月に通達改正「案」が発表、その後、パブリックコメントの募集を行っていた「副業による所得は事業所得になるか、雑所得になるか」について107日に国税庁より通達改正が発表されました。

 所得は、その発生形態などにより給与所得、事業所得、不動産所得などの10種類に分類されます。分類し、計算された所得は課税方法や損益通算ができるかできないかなど様々な違いがありますが、以下の違いがあるため副業の取り扱いについて検討が必要とされました。

   〇雑所得:赤字になっても他の所得と損益通算できない

 〇事業所得:赤字は他の所得と損益通算できる

  となるので、

 〇給与所得+赤字の雑所得は、給与から控除された源泉所得税の還付が受けられない

 〇給与所得+赤字の事業所得は、給与から控除された源泉所得税の還付が受けられる

 となります。

  これについて次のように通達改正が行われ、令和4年分の所得税(令和523月申告)から適用されます。

   〇社会通念上、事業と言える程度の規模で行っている:事業所得

 〇取引を記録した帳簿書類の保存がある:事業所得

  ※数値の基準はありませんが、社会通念上、事業と言える規模であることが前提

 〇取引を記録した帳簿書類の保存がない:雑所得

  ※帳簿書類の保存がない場合でも、年間売上が300万円を超える場合は個別事情を勘案し、事業所得として取り扱うこともあり。

 



所得拡大促進税制の改正の概要について                                          

 令和4年度税制改正において、青色申告書を提出する中小企業者等が従業員の給与を増加させた場合に、その増加額の一部を法人税(個人事業主は所得税)から税額控除する「所得拡大促進税制」について、税額控除額が控除対象雇用者給与等支給増加額の最大40%(従来25%)へ拡大されました。

 積極的な賃上げを行う企業に対し、税制上の措置を強化してバックアップするための改正となっています。賃上げや教育訓練の拡充などを予定されている場合は制度活用のご検討をされてはいかがでしょうか。

  また、令和341日以降は、新卒・中途採用による外部人材の獲得や人材育成への投資を積極的に行う企業に対する税額控除措置として「人材確保等促進税制」も開始されています。

 前年度と比較して、

    1人当たりの新規雇用者給与等支給額は同じだが、採用人数が増加するケース、

    採用人数は同じだが、1人当たりの新規雇用者給与等支給額が増加するケース、

で税額控除が受けられます。

  なお、所得拡大促進税制と人材確保等促進税制の併用はできず、どちらか一方のみの選択適用となります。




インボイス制度の概要について                                              

 令和5101日から、消費税の仕入税額控除の方式としてインボイス制度が開始されます。制度の概要については以下の通りとなります。

 

1.インボイス制度とは

インボイス制度とは、令和5101日から新たに導入される制度で、税務署長に申請をして登録を受けた課税事業者が交付する「適格請求書」(いわゆるインボイス)等の保存を仕入税額控除の要件とするものです。

 

2.インボイス(適格請求書)とは

売手が買手に対して、正確な適用税率や消費税額等を伝えるもので、具体的には現行の「区分記載請求書」に「登録番号」、「適用税率」及び「税率ごとに区分した消費税額等」の記載が追加されたものをいいます。

 

3.インボイス制度導入における準備について

    適格請求書発行事業者への登録(売手としての立場)

令和5101日の制度導入と同時に登録事業者となるためには、令和5331日までに申請しなければなりません。

    取引先の状況確認(買手としての立場)

取引先が登録事業者(課税事業者であることが前提)に該当していない場合、その支払いに対して仕入税額控除が受けられないことになりますので確認が必要です。

 

4.インボイス制度の導入により影響を受けるもの

仕入税額控除が受けられなくなるものとして、次のようなものが考えられます。

・一般消費者からの購入品代(社長個人から法人が車を買い取るなど)

・免税事業者であるフリーランスの方への業務委託料

・免税事業者である一人親方への外注費

・会社が社長個人に支払っている事務所家賃

・免税事業者である飲食店での飲食代

 

以上、ごく簡単にご紹介いたしました。詳細につきましては以下の国税庁ホームページをご確認ください。

 

【国税庁ホームページ:インボイス制度の概要】
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/invoice_about.htm

 

 


 





税理士法人 高志会計
TKC全国会会員です。

TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

関東信越税理士会所属

お気軽にお問合せください。
税理士法人 高志会計
TEL:025-287-1711

経営革新等支援機関
FX4クラウドのご紹介